2019年10月07日 7:00 

【歴史】城下町の面影を伝える「金沢城惣構跡〜升形遺構〜」

金沢駅から武蔵ヶ辻へ向かう途中にある台形状の建造物、金沢城西外惣構の防御施設「升形」を復元したものです。惣構とは、堀とそのわきに土を持った土居(どい)を金沢城の周りにめぐらせた城下町の防御ライン。升形は、西外惣構と宮腰往還(現金石街道)が交わる位置に築かれ、外敵の侵入を防ぐ役割を担っていました。

現地の説明板には、外惣構の特徴や発掘調査の結果が解説されています。

町なかにこうした歴史の跡が見られるのも、金沢の魅力ですね。

スポット情報

金沢城惣構跡〜升形遺構〜( かなざわじょうそうがまえあと ますがたいこう )

住所:
〒920-0853
金沢市本町1丁目
地図を確認

いいじボタンをクリックしてポイントGET♪
ポイントを貯めればきっといいじなコトあるはず!?

みんなのいいじコメント(100文字以内)

0文字

ニックネーム:

タモリだったら大喜びするであろう遺構だけど、興味のある人はどれくらいなものかと思ってしまいます。 凄いお金をかけての保存なので、金沢市はもっと宣伝すれば良いのに。

2019-10-07 あきママ

こっちも読みまっし!!

最新情報が満載のトップページはコチラから

ページTOPへ