2019年03月21日 20:30 

【歴史】加賀八家、長家ゆかりの古刹、大仏さんの頭が鎮座する悦叟寺

田鶴浜にある悦叟寺は、創建は不明ですが、天正8年(1580)に長連龍が鹿島半郡を治めたのち、一族の菩提のために、兵火で失った堂宇を再建しました。

七尾城で討死した長綱連(連龍の兄)の法名にちなみ寺名を瑞松山悦叟寺としました。境内には綱連はじめ、七尾城落城の戦死者らの墓所が整備されています。

山門

境内奥にある長家一族の墓所

境内でひときわ目を引いたのが、大仏さんの頭です。近所の人の話によると、戦後、大仏を建立しようとしましたが、折からの資金難で頭だけしかできあがらなかったらしい、とのこと。

大仏さんの顔や頭のぶつぶつ=螺髪(らほつ)を間近で拝むことがほとんどないので、とても新鮮な感じがしました。

螺髪も間近で見られます

本堂

スポット情報

瑞松山 悦叟寺( ずいしょざん えっそうじ )

住所:
〒929-2121
七尾市田鶴浜町チ14
電話番号:
0767-68-2117
営業時間:
拝観時間9:00~17:00
地図を確認

いいじボタンをクリックしてポイントGET♪
ポイントを貯めればきっといいじなコトあるはず!?

みんなのいいじコメント

ニックネーム:

こっちも読みまっし!!

最新情報が満載のトップページはコチラから

ページTOPへ