2020年09月15日 19:00 

【歴史】義の英雄か? 野心を秘めた侵略者か?上杉謙信の実像に迫る意欲作『謙信襲来─越中・能登・加賀の戦国』

9月15日は上杉謙信が七尾城を攻め落とし、能登をほぼ手中に収めた日です。戦国最強の戦上手といわれ、「軍神」「越後の龍」と呼ばれていた謙信ですら、攻略するのに約1年も要した七尾城は、いかに難攻不落だったかが分かりますよね。

神仏を篤く敬い、大義名分を重んじ、私利私欲の戦いは行わず、自らの野心では版図を広げない── 「敵に塩を送る」エピソードでも知られる上杉謙信は、弱きを助け強きをくじく、まさしく「義の英雄」と呼ぶにふさわしい戦国武将と言われています。大河ドラマでも錚々たるイケメンたちが演じていますよね。

日本100名城、七尾城

でも、群雄が割拠する戦国の世において、聖人君主とも思える「謙信神話」は本当だったのでしょうか? 『謙信襲来─越中・能登・加賀の戦国』(萩原大輔 著)は、そんな謙信の神話めいたイメージに疑問を投げかけ、真の謙信像に迫ろうとする意欲作です。

11度も攻め込み、加越能3カ国をほぼ手中に収めた謙信。関東に次いで多く出兵した北陸進攻にスポットを当て、最新の研究成果を取り入れながら、過度に英雄視されている謙信の実像を北陸側の視点から捉えなおします。歴史ファンはもちろん、秋の夜長にぜひ読んで欲しい一冊です。

謙信も絶賛した七尾湾の美しい景色

書籍詳細は下記よりご覧ください。
http://notoprinting.xsrv.jp/publication/cat57/post-7.html

スポット情報

能登印刷出版部( のといんさつしゅっぱんぶ )

住所:
〒920-0855
金沢市武蔵町7-10
電話番号:
076-222-4595
営業時間:
8:30~17:30
定休日:
土曜、日曜、祝日
備考:
地図を確認

いいじボタンをクリックしてポイントGET♪
ポイントを貯めればきっといいじなコトあるはず!?

みんなのいいじコメント(100文字以内)

0文字

ニックネーム:

こっちも読みまっし!!

最新情報が満載のトップページは コチラ から

ページTOPへ