2020年05月07日 20:30 

【まちネタ】さすがは気多大社のもととなった由緒ある神社!彫刻が素晴らしい「気多本宮」能登生国玉比古神社

七尾市にある能登生国玉比古神社(のといくくにたまひこじんじゃ)は、延喜式に載っている式内社で、社伝によれば第8代 孝元天皇(紀元前214-158年)の創祀といわれます。その後、崇神天皇が祭神の大己貴命を分霊し、羽咋に勧請して気多神社(気多大社)を創建したため別名「気多本宮」とも称します。

立派な神門

仁王像が立っています

拝殿の前には仁王像が佇む立派な神門や神橋(勅使橋)があります。社殿には壮麗かつ繊細な彫刻がいたるところに施され、「気多本宮」の扁額が存在感を放っています。気多大社の神輿が渡御する重要神事「平国祭」の舞台地のひとつでもあります。

美しい彫刻

閑静な住宅街にあって大きな社殿ではありませんが、さすが能登一宮 気多大社のもととなったと言われるだけあって、歴史と風格を感じさせる神社です。

神橋(勅使橋)

風格漂う「気多本宮」の扁額

スポット情報

能登生国玉比古神社(気多本宮)( のといくくにたまひこじんじゃ(けたほんぐう) )

住所:
〒926-0814
七尾市所口町ハ48
電話番号:
0767-52-2848
地図を確認

いいじボタンをクリックしてポイントGET♪
ポイントを貯めればきっといいじなコトあるはず!?

みんなのいいじコメント(100文字以内)

0文字

ニックネーム:

こっちも読みまっし!!

最新情報が満載のトップページは コチラ から

ページTOPへ