2020年10月19日 19:15 

【まちネタ】ただ一騎だけ踏みとどまり、潔く散った斉藤別当実盛が眠る「実盛塚」

加賀市篠原新町にある「実盛塚(さねもりづか)」は、源平争乱の中で命を落とした斎藤実盛を供養するために、実盛の亡骸を葬ったところと伝えられてます。

寿永2年(1183)、倶利伽羅峠の戦いで木曽義仲軍に大敗した平家軍は、篠原で陣を立て直し再び合戦に及びます。平家軍は士気が上がらず敗走する中、斉藤別当実盛の一隊だけが義仲軍と対峙し奮戦しました。

実盛は義を重んじる武将として知られ、久寿2年(1155)の大蔵合戦で父・源義賢を討たれた2歳の駒王丸(木曽義仲)を木曽まで送り届けていました。実盛は義仲から見ると敵将であるとともに、命の恩人でもあったわけです。

実盛は73歳という高齢でしたが、最期は若々しく戦いたいと白髪の頭を黒く染め、義仲配下の手塚太郎光森と一騎打ちに及び、討ち取られてしまいました。この話を聞いた義仲が、実盛の遺骸をこの地に手厚く葬ったと言われています。

義仲が実盛の首を洗ったといわれる「首洗池」。実盛塚から車で5分ほどのところにあります。

「首洗池」の記事はこちら。
https://iijikanazawa.com/news/contributiondetail.php?cid=4497

スポット情報

実盛塚( さねもりづか )

住所:
〒922-0441
加賀市篠原新町
地図を確認

いいじボタンをクリックしてポイントGET♪
ポイントを貯めればきっといいじなコトあるはず!?

みんなのいいじコメント(100文字以内)

0文字

ニックネーム:

こっちも読みまっし!!

最新情報が満載のトップページは コチラ から

ページTOPへ