2020年11月07日 8:30 

【まちネタ】底引き網のカニ漁とは対照的、のんびりとした「ボラ待ちやぐら」

いよいよズワイガニ解禁ですね。カニ漁は、小型の漁船で袋状の網を海底に接して引き、網に追い込んで魚を捕る「底引き網漁」ですが、対照的な能登の伝統的な漁といえば「ボラ待ちやぐら」です。

ボラ待ちやぐらは、明治に能登を訪れた天文学者パーシバル・ローエルが、著書「NOTO」の中で「怪鳥ロックの巣のようだ」と表現した漁業やぐらです。やぐらの上で一日中ボラの群を見張り網をたぐるという、のんびりとした原始的な漁法です。大昔の話かといえば、20年あまり前まで現役だったというのも驚きですね。

スポット情報

中居湾ふれあいパーク( なかいわんふれあいぱーく )

住所:
〒927-0009
鳳珠郡穴水町比良
地図を確認

いいじボタンをクリックしてポイントGET♪
ポイントを貯めればきっといいじなコトあるはず!?

みんなのいいじコメント(100文字以内)

0文字

ニックネーム:

こっちも読みまっし!!

最新情報が満載のトップページは コチラ から

ページTOPへ