2019年08月02日 6:30 

【自然】弘法大師の杖?! 太い枝を長く伸ばす「五十谷の大杉」

県指定天然記念物の「五十谷の大杉」は大日川の支流、堂川の上流にある、樹齢1200年の大杉です。西暦800年頃、弘法大師がこの地を訪れた際に持っていた杖が根づいたという説など、数々の伝説があります。

樹高39m、幹周7.9mで、太い枝を四方に伸ばす見事な姿に圧倒されます。江戸時代、加賀藩では厳重な立ち入り制限を敷き、このあたりで藩主が鷹狩をしていたそうです。

八幡神社の境内にあります

スポット情報

五十谷の大杉( ごじゅうだにのおおすぎ )

住所:
〒920-2357
白山市五十谷町144
地図を確認

いいじボタンをクリックしてポイントGET♪
ポイントを貯めればきっといいじなコトあるはず!?

みんなのいいじコメント(100文字以内)

0文字

ニックネーム:

こっちも読みまっし!!

最新情報が満載のトップページはコチラから

ページTOPへ