2018年12月10日 13:30 

【食品】「芽が出る」縁起物!羽咋市で栽培される「神子原くわい」

JAはくいから、期間限定で「神子原プチくわい」が販売されています。羽咋市神子原地区で栽培される「神子原くわい」は、昭和55年から水田転作として栽培が始まりました。神子原くわい生産組合では現在、8名が約1haで栽培しています。「芽が出る」縁起物としてお節料理に使われますが、地元では小さいものを素揚げや旨煮にして、家庭で親しまれています。ホクホクとした食感で、おやつやおつまみに最適です。

※水に浸けて冷暗所に置き、たまに水を替えてあげると1~2ヶ月は日持ちします。冷蔵庫に入れる場合は、乾燥を防ぐために、新聞紙に包んでポリ袋に入れてください。

<ご購入はこちらから>
城下町金澤本舗 JAはくい(はくい農業協同組合)
https://kanazawa-honpo.com/item/jahakui08/

スポット情報

JAはくい はくい農業協同組合( じぇいえーはくい はくいのうぎょうきょうどうくみあい )

住所:
羽咋市太田町と105番地
URL:
http://www.is-ja.jp/hakui
地図を確認

いいじボタンをクリックしてポイントGET♪
ポイントを貯めればきっといいじなコトあるはず!?

みんなのいいじコメント

ニックネーム:

こっちも読みまっし!!

最新情報が満載のトップページはコチラから

ページTOPへ