2021年09月25日 20:00 

【まちネタ】彼岸明けを前に津幡町「倶利迦羅不動寺 山頂本堂」へ 日本三不動尊の一つです

彼岸明けを前に、日本三不動尊の一つが祀られている津幡町にある「倶利迦羅不動寺 山頂本堂」へ。





さすがは1300年以上の歴史と広大な境内の敷地、本堂から聞こえる護摩法のお参りにもなんとなく身が引き締まります。




本尊は、718年(養老2年)、元正天皇の勅願によりインドの高僧・善無畏三蔵法師が倶利伽羅山において国家安穏を祈願した折に、不動ヶ池より黒龍が昇天する姿をそのままに刻み奉安したのが始まりで、812年(弘仁3年)には、弘法大師も不動尊を奉安したと伝えられています。
(「ほっと石川旅ネット」より)

山頂まで登ってきているので、境内のいろいろな方角への眺め(見晴らし)もよく、晴れた日はとても気持ちがいいです。



機会があれば、秋の散策がてらお参りしてみてみましょう。




スポット情報

倶利迦羅不動寺 山頂本堂( くりからふどうじ さんちょうほんどう )

住所:
〒929-0413
河北郡津幡町倶利伽羅リ2
電話番号:
076-288-1451
URL:
http://www.kurikara.or.jp
営業時間:
9:00〜16:00(受付時間)
地図を確認

いいじボタンをクリックしてポイントGET♪
ポイントを貯めればきっといいじなコトあるはず!?

みんなのいいじコメント(100文字以内)

0文字

ニックネーム:

なかなか厳しい道路ですが、私は大好きなお寺です。

2021-09-26 あきママ

こっちも読みまっし!!

最新情報が満載のトップページは コチラ から

ページTOPへ