2021年07月29日 19:30 

【まちネタ】植えたのは誰? 粟津温泉の守り神、なぜか道路のど真ん中に佇む「黄門杉」

粟津温泉街の中心地、老舗旅館「法師」の前に立つ一本の木は、あろうことか道路の真ん中に佇んでいます。樹齢約400年のこの古木は「黄門杉」と呼ばれています。

加賀前田家三代・前田利常のお手植え。那谷寺に参拝する際に立ち寄って植えたそうです。中納言に任じられていた前田利常は、「中納言」の中国名を「黄門」ということから「小松黄門」と呼ばれていたことにちなみます。あの「水戸黄門」より半世紀前のことです。

「黄門杉」はもともと「法師」の敷地内にあったのですが、道路拡張により道のど真ん中に生える形になりました。それでも粟津温泉の守り神として、通行の妨げになるにも関わらず今なお大切に守られています。

スポット情報

黄門杉( こうもんすぎ )

住所:
〒923-0326
小松市粟津温泉(法師前)
地図を確認

いいじボタンをクリックしてポイントGET♪
ポイントを貯めればきっといいじなコトあるはず!?

みんなのいいじコメント(100文字以内)

0文字

ニックネーム:

こっちも読みまっし!!

最新情報が満載のトップページは コチラ から

ページTOPへ