2021年07月03日 20:00 

【まちネタ】弥生時代の歴史とロマンが眠る県指定史跡 かほく市「大海西山弥生の里」

かほく市にある「大海西山弥生の里」。
大海西山遺跡の保存と活用を目的として整備された遺跡公園です。



昭和62年~平成元年の発掘調査によって発見された「大海西山遺跡(弥生時代)」が地下に眠り、歴史的にもたいへん重要な遺跡で県指定史跡でもあります。




復元住宅が目を引きますが、敷地は約28,000㎡(8,500坪)と広大です。




東には標高637.4mの緑豊かな宝達山、西には日本海、北には大海川と豊かな水田地帯が広がります。




かつての約1800年前の弥生時代の人々も、自然に囲まれながらここで暮らしていたのでしょう。





豊かな自然と歴史ロマンのあふれる地を、1度訪れてみてはいかがでしょうか。





スポット情報

大海西山弥生の里( おおみにしやまやよいのさと )

住所:
〒929-1208
かほく市瀬戸町地内
地図を確認

いいじボタンをクリックしてポイントGET♪
ポイントを貯めればきっといいじなコトあるはず!?

みんなのいいじコメント(100文字以内)

0文字

ニックネーム:

こっちも読みまっし!!

最新情報が満載のトップページは コチラ から

ページTOPへ