2021年07月01日 19:30 

【まちネタ】樹齢470年、こんもり茂る御神木「旧太平宮の椎の巨樹」

小松バイパスの終点あたり、加賀市箱宮にドーム形の樹冠を戴いたスダジイの巨木がそびえ立っています。樹高14.5m、幹囲8.7m、枝張り東西16.5m、南北20.2mの堂々たる巨木で、樹齢は470年と推定されるそうです。遠目で見ると1本に見えますが、よく見ると二本立ちと七本立ちの2本に分かれています。

言い伝えによれば、その昔、大きな洪水があったとき、白山の方角から一つの筥(はこ)が流れ着き、一夜のうちにお堂ができました。筥の中には一体の神像が納められていたので、村人はこれを祀って崇敬し、周辺にシイノキを植えたのがこのスダジイということです。

470年前と言えば1550年頃、まさに戦国時代の真っただ中、加賀の一向一揆が勢力を張っていた頃です。前田家の治世や明治維新、敗戦を経て、今なお堂々と茂る姿に、悠久の歴史と生命力を感じました。

スポット情報

箱宮八幡神社のスダジイ( はこみやはちまんじんじゃのすだじい )

住所:
〒922-0303
加賀市箱宮町カ
地図を確認

いいじボタンをクリックしてポイントGET♪
ポイントを貯めればきっといいじなコトあるはず!?

みんなのいいじコメント(100文字以内)

0文字

ニックネーム:

こっちも読みまっし!!

最新情報が満載のトップページは コチラ から

ページTOPへ