2019年12月25日 7:00 

【まちネタ】戦国時代創業の印判店 尾張町にある「細字印判断店」

尾張町の細字印判店は戦国時代の天正16年(1588)、尾張の国の荒子(現・名古屋市)で創業したと伝えられています。

その頃、織田信長(一説には豊臣秀吉)が全国から印判師を集めて研修をさせ、特に優秀な3人の印判師に「細字」の姓を賜ったと伝えられています。その一人が細字印判店の先祖であり、細字家は前田利家に従って金沢へ移り住みました。

細字印判店はそんな凄い歴史のある印判店です。尾張町には興味深い歴史ヒストリーがたくさんあります。

スポット情報

細字印判店( ほそじいんはんてん )

住所:
〒920-0902
金沢市尾張2-9-12
電話番号:
076-263-3428
定休日:
日曜、土曜不定休
備考:
地図を確認

いいじボタンをクリックしてポイントGET♪
ポイントを貯めればきっといいじなコトあるはず!?

みんなのいいじコメント(100文字以内)

0文字

ニックネーム:

私、若い時にここで実印作りました。

2019-12-25 あきママ

こっちも読みまっし!!

最新情報が満載のトップページは コチラ から

ページTOPへ