2019年12月07日 7:00 

【まちネタ】坂の名称も建物も面白い 蛤坂と山錦楼

蛤坂の石碑

犀川大橋詰めの交番の向いに「蛤坂(はまぐりざか)」があり、その途中に料亭の山錦楼があります。

右手が蛤坂

蛤坂は江戸期の享保18年(1733)にここで大きな火災があり、その後に道を拡幅したところ、「蛤が口を開いたようだ」と言われて、この俗称がついたとされています。

山錦楼の正面

金沢市指定保存建造物の山錦楼は、明治30年ころに二階建ての町家として建てられ、大正期から昭和初期に増改築されて現在の地上三階、地下一階の料亭となりました。

裏手から見た山錦楼.

この建物の裏手に回ると合わせて四層の建物であることがわかります。坂の名称も、建物のたたずまいもユニークでとても好きです。

スポット情報

蛤坂( はまぐりざか )

住所:
〒921-8031
金沢市野町1丁目~寺町5丁目
地図を確認

いいじボタンをクリックしてポイントGET♪
ポイントを貯めればきっといいじなコトあるはず!?

みんなのいいじコメント(100文字以内)

0文字

ニックネーム:

こっちも読みまっし!!

最新情報が満載のトップページはコチラから

ページTOPへ