2019年10月27日 7:00 

【まちネタ】国指定重要文化財の菩薩像が3体もある 羽咋市の「豊財院」

羽咋市の曹洞宗・豊財院は、鎌倉時代、加賀の大乗寺の二世・瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)禅師が能登に教線を拡大した際、羽咋市の永光寺を開いたのち、1312年に建立した由緒ある寺です。

この寺の宝物館には、国指定重要文化財に指定されている三体の菩薩立像が保管されており、貴重な寺の宝として崇められています。

スポット情報

豊財院( ぶざいいん )

住所:
〒925-0606
羽咋市白瀬町ル8
地図を確認

いいじボタンをクリックしてポイントGET♪
ポイントを貯めればきっといいじなコトあるはず!?

みんなのいいじコメント(100文字以内)

0文字

ニックネーム:

こっちも読みまっし!!

最新情報が満載のトップページはコチラから

ページTOPへ