2019年10月13日 7:00 

【まちネタ】死と背中合わせで出世街道を突き進んだ!? 母衣(ほろ)を付けた前田利家の像

尾山神社の境内に丸い大きな袋のようなものを担いで馬にまたがる前田利家の銅像があります。その大きな袋は、母衣(ほろ)といって、もともとは流れ矢を防ぐために鎧(よろい)の背にかけた布でしたが、竹などの骨組みを形成して膨らませるようになりました。

戦国時代には、騎馬武者がこれを背負って軍団の連絡役、ガイド役を務めたそうです。前田利家は、若い頃、織田軍団で赤い母衣を背負い、合計9人の赤母衣衆のリーダーを務めていました。

母衣衆は軍団にとっては重要な役目を担っていましたが、敵に目立つのでとても危険で、いわば死と背中合わせの役回りをしていました。

スポット情報

尾山神社( おやまじんじゃ )

住所:
〒920-0918
金沢市尾山町11-1
電話番号:
076-231-7210
URL:
http://www.oyama-jinja.or.jp/
地図を確認

いいじボタンをクリックしてポイントGET♪
ポイントを貯めればきっといいじなコトあるはず!?

みんなのいいじコメント(100文字以内)

0文字

ニックネーム:

こっちも読みまっし!!

最新情報が満載のトップページはコチラから

ページTOPへ