2019年06月29日 7:00 

【まちネタ】緑に包まれた大規模砂丘 日本で三番目の規模の「内灘砂丘」

内灘砂丘から見下ろす河北潟干拓地

金沢市粟崎から内灘町、かほく市に至る内灘砂丘は延長10㎞、幅約1㎞、面積は約200㌶で、日本で猿ヶ森砂丘(青森県)、鳥取砂丘(鳥取県)に次いで三番目の規模です。

内灘砂丘から干拓地へ下りる道

猿ヶ森砂丘は15000㌶、鳥取砂丘は550㌶で、面積では猿ヶ森砂丘がダントツで一番ですが、すべて防衛省の弾道試験場になっていて立ち入ることができません。鳥取砂丘は有名ですが、いわば観光砂丘です。

内灘砂丘海側(かほく市大崎地内)

内灘砂丘は樹木の緑に覆われている部分、農地化(畑)された部分、宅地化された部分に分かれていますが、人の生活に十分活用され、潤いのある砂丘であるといえます。

緑に覆われているため、砂丘であることに気付かない人も多いと思いますが、延長10㎞もある見事な砂丘です。砂丘から見る海の景色、干拓地の景色も素晴らしく、もっと観光的に活用されてもいいように思います。

スポット情報

内灘砂丘( うちなださきゅう )

住所:
〒929-1127
かほく市大崎
地図を確認

いいじボタンをクリックしてポイントGET♪
ポイントを貯めればきっといいじなコトあるはず!?

みんなのいいじコメント(100文字以内)

0文字

ニックネーム:

こっちも読みまっし!!

最新情報が満載のトップページはコチラから

ページTOPへ