2019年05月10日 6:30 

【おでかけ】青銅の鳥居がカッコイイ! 源義経も参拝した鎮座1300年の松任金剣宮

北陸本線のそばに建つ松任金剣宮。「まつとうきんけんぐう」ではなく「まっとうかなつるぎぐう」と読みます。創立は養老元年(717)。白山を開山した泰澄大師が手取川を下って松任に着き、白山の美しい姿に感動して、ここを遥拝所と定めたのが始まりとされています。

以来、武門の崇敬が厚く、寿永2年(1183)に木曽義仲、文治3年(1187)には源義経が祈願したそうです。松任城主鏑木氏の社殿造営によって壮麗を極めました。

御祭神は、素盞嗚尊・湍津姫命・都留伎日子命・大山咋神・菅原道真。境内には芭蕉や千代女の句碑があり、また、松任城の西北端隅を示す石碑にも、中本恕堂の俳句が刻まれています。さすが俳句のまちですね。

千代女の句碑

松任城の西北端に位置

お稲荷さんもあります

スポット情報

松任金剣宮( まっとうかなつるぎぐう )

住所:
〒924-0871
白山市西新町181
電話番号:
076-275-0578
地図を確認

いいじボタンをクリックしてポイントGET♪
ポイントを貯めればきっといいじなコトあるはず!?

みんなのいいじコメント(100文字以内)

0文字

ニックネーム:

こっちも読みまっし!!

最新情報が満載のトップページはコチラから

ページTOPへ