2019年02月08日 6:30 

【まちネタ】国を救おうとした加賀藩の勤王の志士、小川幸三を偲ぶ

鶴来・金劔宮の境内、不動滝の近くに小川幸三旧宅跡の碑が立っています。小川幸三は幕末の尊攘派で、加賀藩の数少ない勤王の志士です。

「医は病を救うのみだが、天下を救う術を学びたい」と町医師の子から加賀藩士になり、京都・江戸などを奔走しました。元治元年(1864)の禁門の変で前田慶寧が退京したとき、幸三は勤王の意見を述べたことから捕らえられ、処刑されました。

その後、江戸幕府が倒れ天皇を中心とした明治新政府が樹立されました。金劔宮にお参りの際は、幸三の遺徳もぜひ偲んでみてください。

目の前にお不動さんがあります

*尊皇攘夷(そんのうじょうい)=君主(天皇)を尊び、外敵を斥けようとする考え方のこと。
*禁門の変=蛤(はまぐり)御門の変。京都守護・会津藩の松平容保と、形勢逆転を狙う長州藩が武力衝突し、長州藩が敗走した事件。

スポット情報

小川幸三旧宅跡( おがわこうぞうきゅうたくあと )

住所:
〒920-2123
白山市鶴来日詰町午
地図を確認

いいじボタンをクリックしてポイントGET♪
ポイントを貯めればきっといいじなコトあるはず!?

みんなのいいじコメント(100文字以内)

0文字

ニックネーム:

こっちも読みまっし!!

最新情報が満載のトップページはコチラから

ページTOPへ