2019年02月01日 6:30 

【おでかけ】反戦川柳作家・鶴彬の句碑も。潮の香漂う「高松歴史公園」

能登街道のモニュメント

のと里山海道高松ICのすぐそばにある「高松歴史公園」。藩政時代、ここには高松宿があって、能登街道の口銭を徴収した口銭場がありました。口銭とは、荷物の運搬に伴う手数料の一種です。記念碑やモニュメントが往時を偲んで建っています。

口銭場跡の石碑

また、戦前、日本のプロレタリア文学の影響を強く受け、反戦川柳を詠んだ鶴彬(つる・あきら)の句碑もあります。代表的な反戦川柳作家である鶴彬は、河北郡高松町(現かほく市)の生まれなんですよね。どれも大切に守っていきたい歴史ですね。

鶴彬の句碑

説明板もあります

会館も歴史風の建物です

スポット情報

高松歴史公園( たかまつれきしこうえん )

住所:
〒929-1215
かほく市高松甲
電話番号:
076-283-7105
地図を確認

いいじボタンをクリックしてポイントGET♪
ポイントを貯めればきっといいじなコトあるはず!?

みんなのいいじコメント(100文字以内)

0文字

ニックネーム:

高松はよく行ってたけど知らなかったっす。今度帰省した時行ってみます。

2019-02-01 しょうくん

>しょうくん様
ぜひ! 運動できる広場もちゃんとありますよ。

2019-02-01 いいじ金沢

こっちも読みまっし!!

最新情報が満載のトップページはコチラから

ページTOPへ