2018年06月03日 18:00 

【まちネタ】金澤表参道⑦|440年以上の歴史「目細八郎兵衛商店」のワザ

加賀前田藩が城下を開くより以前、1575年(天正3年)から金沢に入り、針の製造販売を行ってきた「目細八郎兵衛商店」さん。お店の前、横安江町商店街の大通りから1本横に入った道は「目細通り」と名前がついています。お店の中で、職人さんがフェザーブローチを制作していらっしゃいました。金具に鳥の羽を1本1本さしこんで、完成に近付けていきます。袋いっぱいに入った何百とある鳥の羽のなかから、デザインに近い形、大きさの羽を選び出して、納得のいくまでなんどもさしては外し、を繰り返すそうです。

庶民が川釣りを楽しむようになった明治時代、その完成度の高さで全国にその名が知れ渡った「加賀毛針」。水中に住む川虫に似せて、キラキラ輝く羽毛や金糸を巻き付けるのは全て手作業。ものすごく繊細な作業です。まるでひとつの工芸品ですよね。

加賀毛針の美しさを伝えたい、という思いから生まれたフェザーアクセサリーも、店内にたくさん飾られています。ピアスやネックレス、ブローチなどおしゃれ着のワンポイントにぴったりですよ。

レトロかわいい縫い針、「めぼそ針」。加賀藩主から「めぼそ」と命名されたという歴史を持ちながら、現代になっても愛用されているということがすごいです。

店内ではフェザーアクセサリーの製作体験も行っています。ずらりと並んだカラフルな羽のなかから好きな色を組み合わせて、オリジナルのブローチを作ることができますよ。体験について詳しくはHPをご確認ください!

スポット情報

ご来店・ご予約の際は、「いいじ金沢」を見たの一言を!

目細八郎兵衛商店( めぼそはちろうべえしょうてん )

住所:
〒920-0854
金沢市安江町11-35
電話番号:
076-231-6371
URL:
http://www.meboso.co.jp/
営業時間:
9:00~19:00
定休日:
火曜
備考:
地図を確認

みんなのいいじコメント

ニックネーム:

こっちも読みまっし!!

トップページで最新コンテンツをチェックする!

ページTOPへ