2018年04月20日 7:00 

【おでかけ】「能登の白ウサギ」伝説が残る「小”天の橋立”」長手島

羽咋から国道249号を北上すると、途中、柴垣あたりで島が見えてきます。砂浜でつながっており厳密には島ではありませんが「長手島」と呼ばれています。

ここには「能登の白ウサギ」伝説があります。因幡の白ウサギ伝説とも関係があり、ある時能登の白ウサギがサメをだまして飛びわたったため、体の毛をむしりとられました。苦しんでいたウサギに、大国主命が「がまのほ」を用いなさいと教えて一命をとりとめたそうです。

七面堂

島には「七面堂」や「八大龍王堂」があって、周遊できる遊歩道もあるので、水辺の生き物や渡り鳥を探しながら、ゆっくり散歩を楽しめますよ。なお、島には漁港もありますので、くれぐれもお邪魔にならないようご配慮ください。

島の先端にある「八大龍王堂」

漁港がありますからお邪魔にならないように

地図で見るとこんな感じです

スポット情報

ご来店・ご予約の際は、「いいじ金沢」を見たの一言を!

長手島( ながてじま )

住所:
〒925-0001
羽咋市柴垣町
地図を確認

いいじボタンをクリックしてポイントGET♪
ポイントを貯めればきっといいじなコトあるはず!?

みんなのいいじコメント

ニックネーム:

こっちも読みまっし!!

最新情報が満載のトップページはコチラから

ページTOPへ