2018年02月23日 7:00 

【おでかけ】能登の神様が集まるパワースポット「能登國総社」

「能登國総社」は、能登国中の延喜式内四十三座の神を勧請して総社とした神社です。創祀は崇神天皇のころですから3世紀から4世紀ごろ。平安時代に源順(みなもとのしたごう)が能登国司となり、社殿を再建しました。

昔は国司が現地へ赴任すると、一の宮、二の宮の順に、その国に鎮座する神社全てを参拝する慣習があったそうです。でもこれがとても大変ということで、国府の近くに神様をまとめて祀って、参拝を一度に済ませられるようにしたのが「総社」だとか。だから能登國総社には43もの神様が祀られているんですね。

総社の由来には国司がラクをするためとは書かれていませんね。。

今年は能登立国1300年の節目の年。春に向かって少しずつ寒さも和らぐでしょうから、巨大なパワーをもらいに参拝してみてはいかがでしょうか。

境内には力比べをした「力石」が並ぶ

境内から少し離れた集落の北に社号標が立っています

スポット情報

ご来店・ご予約の際は、「いいじ金沢」を見たの一言を!

能登國総社( のとこくそうしゃ )

住所:
〒926-0031
七尾市古府町キ22
地図を確認

いいじボタンをクリックしてポイントGET♪
ポイントを貯めればきっといいじなコトあるはず!?

みんなのいいじコメント

ニックネーム:

こっちも読みまっし!!

最新情報が満載のトップページはコチラから

ページTOPへ