2022年01月13日 19:30 

【まちネタ】名前は「倶利伽羅トンネル」なのに実は「天田峠」の真下にある?!

石川と富山の県境には「倶利伽羅トンネル」が通っています。現在のトンネルは1955(昭和30)年に開通した2代目のトンネルですが、じつは「天田峠(あまだとうげ)」の真下に位置しています。

広義では天田峠も倶利伽羅峠に含めるそうですが、トンネルは古戦場のある倶利伽羅峠より少し北に位置しています。「天田トンネル」じゃないんですね。

あいの風とやま鉄道が使用しています

「倶利伽羅トンネル」は1941年に着工しましたが太平洋戦争により工事は一時中断、1953年に再開されました。初代トンネルより勾配が緩和されたため、補助機関車による牽引が不要になりました。

国道8号の倶利伽羅トンネル

一方、1899(明治32)年に北陸本線が富山まで延伸されたときに掘られた初代の倶利伽羅トンネルは、拡幅工事が施されて1967年より国道8号のトンネルとして今も活用されています。


↓合わせて読みたい↓
【ドライブ】県内さいはてドライブ!明治天皇北陸巡幸に合わせて急造された「天田峠」
https://iijikanazawa.com/news/contributiondetail.php?cid=9679

スポット情報

倶利伽羅トンネル( くりからとんねる )

住所:
〒929-0412
河北郡津幡町九折
地図を確認

いいじボタンをクリックしてポイントGET♪
ポイントを貯めればきっといいじなコトあるはず!?

みんなのいいじコメント(100文字以内)

0文字

ニックネーム:

こっちも読みまっし!!

最新情報が満載のトップページは コチラ から

ページTOPへ