2022年01月06日 19:30 

【まちネタ】鬼門を守る天神様、小松天満宮に初詣、特製朱印をいただきました

本殿は雪囲いがされています

「小松黄門」前田利常により造営された小松天満宮は、学問の神様・菅原道真(天神様)を祀っています。北野天満宮を4分の1に縮小した社殿で、特に合格祈願で崇敬を集めています。

加賀藩を怨霊から守るため、金沢城、小松城の鬼門線上に建てられました。前田氏の先祖である天神様に鬼門の方角を鎮護していただく、厄除けの“防波堤”の役割を担っています。平安京と比叡山延暦寺との関係と同じですね。

朱塗りの色がかなり剥げ落ちていました

初詣で特製朱印(書き置きのみ)をいただいてきました。金色と黒色で迷いましたが、なんとなく厄除けに効果がありそうな感じがしたので、黒い方をいただきました。

オミクロン株が蔓延しないようコロナ禍の退散を祈願してきました。コロナが収まったら次は金色の特製朱印をいただきに参上したいと思います。

手水鉢にはカラス除けでアヒルがたくさん泳いでいました!

スポット情報

小松天満宮( こまつてんまんぐう )

住所:
〒923-0025
小松市天神町1
電話番号:
0761-22-2539
地図を確認

いいじボタンをクリックしてポイントGET♪
ポイントを貯めればきっといいじなコトあるはず!?

みんなのいいじコメント(100文字以内)

0文字

ニックネーム:

こっちも読みまっし!!

最新情報が満載のトップページは コチラ から

ページTOPへ